Touch for World Therapy School は、人間にとって一番シンプルな癒しの手法である「触れること」、そして植物や鉱物などの自然界のツールを使って、心と身体、魂をつなげる方法をお伝えします。自然療法・セラピー初心者、おうちセラピストを目指す人から、プロフェッショナル・セラピスト、治療家のブラッシュ・アップまで、全ての人の人生がより豊かになるための、知識と技術を身につけていただける講座を揃えております。個性豊かな授業で定評がある、音楽業界からセラピストへ転身した異色の経歴を持つセラピスト、小松ゆり子が講師を務めます。

講師プロフィール

小松ゆり子:Touch for World 代表/パーソナルセラピスト/日本タッチ協会理事

「心と身体、世界をつなぐ」をテーマとし、南青山のプライベート・アトリエ「corpo e alma(コルポ エ アルマ)」を中心にセミナー活動や、植物や鉱物の力をフュージョンさせたオイルトリートメント「ヴァイタル ・タッチセラピー」を行う。

多忙な音楽業界からセラピストへ転身した経歴を生かし、現代人が都会でバランスを保ちながら生き抜く知恵やプリミティブな五感と身体性を取り戻すホリスティック&ソマティックなケアを様々な角度からナビゲートしている。

講師としてのキャリアも10年以上あり、セラピー業界を幅広く俯瞰で見渡した上での的確かつ個性的な言葉選びと指導力には定評がある。

2017年に「タッチ」に関する研究の第一人者である身体心理学者・桜美林大学教授の山口創氏が代表理事を務める「日本タッチ協会」の立ち上げに関わり、自身も理事として最もシンプルな癒しの技法である「タッチ」の社会的な啓蒙に関わる。


イギリス最大のアロマセラピー認定団体IFPAのチューターやセラピーのアドバンス・テクニック講座の担当として自然療法の総合学院IMSI講師も務める。その他、ap bank FESTIVAL での相互マッサージ ワークショップ、雑誌ecocoloビューティー部講師、グリーンファッション・ブランド「かぐれ」とのコラボレーション講座「holistic selfcare〜からだと心との対話〜」他、一般向けセミナーも多数開講。

遊牧民のように移動しながらセラピーを行う「Nomadic Bodywork」を提唱し、ボディワーカーが有機的に集う「Nomadic Bodywork Organization」を主宰。国内最大級の都市型ロックフェスティバル「SUMMER SONIC」の他、「GREEN ROOM FESTIVAL」「BLUE NOTE JAZZ FESTIVAL」など音楽イベントでのセラピー提供を行う。また音楽、カルチャー、リラクゼーションを融合する「relacle」「CHILL SPACE」スーパーバイジング・ディレクターを務め、シェアオフィスのオフィスリラクゼーションや、他業種とのコラボレーション多数。

ファッションweb magazine「ハニカム」のブロガーや、ライフハッカー[日本版]の連載「今を生き抜くためのセルフケア術」など執筆活動の依頼も絶えない。

HP:http://yurikokomatsu.com

講座に関するご質問、地方での講座依頼、講演依頼は下記メールアドレスまでご連絡ください。

mail:i@yurikokomatsu.com